FC2ブログ

秩父4大?氷柱スポットを巡る!

20170122_1.jpg
1月22日。朝から気持ちの良い晴天。
少し遅めの午前7時に自宅を出発し、スタンドで給油後、厚木から圏央道へIN。
青梅ICで下りそのまま秩父路へと。最初の目的地である「道の駅果樹公園 あしがくぼ」に到着。
何度も秩父には訪れているのですが、実はこの道の駅に寄るのは初めてなんですよね。

 

20170122_2.jpg
ここに来た目的は・・・そう!この時期だけの氷の芸術「氷柱」!
去年初めて「三十槌の氷柱」を見に来たのですが、今回はそこも含めて秩父の氷柱スポットを根こそぎ周ってみようというわけです。

一般的に、「三十槌の氷柱」、「あしがくぼの氷柱」、「尾ノ内氷柱」が秩父3大氷柱と言われておりますが、
今日はそれに加えて、「ひさつき氷柱」という穴場?スポットも周ります(´▽`)

参照記事→奥秩父に現れた氷の芸術!

20170122_3.jpg
今回自宅を7時に出発したのは、ここの氷柱見学が開始される午前9時に合わせるため。
ほぼオンスケ通りで到着出来たのでサクッと見て行きますよ。
(見学には200円かかります。)

20170122_4.jpg
駐車場から歩くこと数分。会場に到着しました!
おぉ~、一面雪と氷の世界!

20170122_5.jpg
木々にも氷がびっしりと。
自然の力と地元の方々が時間をかけて造り出した氷の芸術。
しかと堪能させていただきます。

20170122_6.jpg
ここがよく写真で紹介されているスポットですね。
記念撮影をされる方も多くいらっしゃいました。

20170122_7.jpg
比較的短い間隔で近くを電車が通るので、鉄道と氷柱のコラボ写真を撮ることもできます。

20170122_8.jpg
上のほうは開けたスペースになっており、甘酒や紅茶を無料でいただくことができます。
もちろんそこから見る景色も圧巻の一言!

20170122_9.jpg
氷柱に圧倒され、寒さも忘れてしまうほどです。
「三十槌の氷柱」も素晴らしいですが、ここはここの良さがありますね。
3大スポットの中でも最もアクセスも良いので、ここを見に来るだけでも十分楽しめるのではないでしょうか。

20170122_10.jpg


20170122_11.jpg
1時間ほど滞在し次のスポットへと。

あ、ちなみに今回の記事は氷柱の写真しか出てきませんw
秩父の自然が織りなす氷の世界をご覧くださいませ(´▽`)

20170122_12.jpg
去年も訪れた「三十槌の氷柱」に到着。
駐車場までのアクセスが変わっていて少しとまどいました。
去年はR140沿いからそのまま会場入り出来たのですが、今回は少し手前の道を左折し、そこから細い道を進んでいきます。
(案内をする人が看板を持って立っています。)
途中で離合が難しい場所もあったので慎重に進む必要があります。

20170122_13.jpg
駐車場に車を停め、500円を支払い、いざ氷柱スポットへ!
今年の氷柱の仕上がり具合はどんなんかなぁ~?

20170122_14.jpg


20170122_15.jpg
氷漬けの木。
水をかけ続けて意図的に造ったたものだと思われますが。
でもここまでするのにどれぐらいの期間がかかるのでしょうか。

20170122_16.jpg
お、見えてきましたね。

20170122_17.jpg
まずは「天然氷柱ゾーン」!
目を奪われるほどの美しい氷の芸術が!

(Lightroom CCで明瞭度を上げたら雰囲気の良い写真になりました)

20170122_18.jpg
水面に氷柱が写っているのも良いですね。
凍てついた寒さと自然が創り出した氷柱の美しさが伝わるお気に入りの1枚。

20170122_19.jpg
お次は「人工氷柱ゾーン」です。

20170122_20.jpg
人工氷柱もなかなかのもの。
ボリューム的には去年と同じぐらいかな?

20170122_21.jpg
天然氷柱と比べて氷の色が白いのがわかります。
(実際に見比べるとその違いがよくわかります。)

20170122_22.jpg


20170122_23.jpg
今年も見に来て良かった(^^)
いつかライトアップも見てみたいんですけどね~。。。

20170122_24.jpg
じゃ、次行きますか。

20170122_25.jpg
R140からK37を経由しR299へ入線。
最後に寄ることになる「尾ノ内氷柱」へと向かう道すがら、「ひさつき氷柱」の入口があります。
幟こそ立っているものの、注視しないとそのまま通り過ぎてしまいます。
駐車場への入口も広くはないので注意が必要です。

駐車場に停められる車は数台といったところでしょうか。(この時は、私ともう1台のみでした。)
特に係りの人がいるわけではないので駐車料金やその他は発生しません。
ただ、近くに「協力金」と書かれた木箱が備え付けられています。
いくら入れればいいかわかりませんでしたが、私はお気持ち程度に200円を入れさせていただきました。

肝心の氷柱スポットは駐車場と目と鼻の先です。

20170122_26.jpg
小鹿野町三山の久月地区の方々によって造られた人工氷柱だそうです。
規模こそ他の氷柱スポットに比べて小さいですが、間近で見られるというのが他にはないポイント(^^♪

20170122_27.jpg
この橋(と言っていいのか?)を渡って対岸へ(^-^;

20170122_28.jpg
真下から氷柱を見られるのがひさつき氷柱の特典!
これは他の氷柱スポットでは体験出来ないですからね。
ただ、常に上を気にしていないと尖りに尖った氷柱が脳天を直撃します!
見られる際は最大限のご注意を!

20170122_29.jpg


20170122_30.jpg


20170122_31.jpg
ここも今後見に来る人が増えたら、対岸へ渡ることが禁止される可能性もありますよね。
今のうちにしかと目に焼き付けておこう。

20170122_32.jpg
見事也、ひさつき氷柱!

20170122_33.jpg
何だかんだで長居していまいました(^-^;
では本日最後の氷柱スポットへと向かいます!

20170122_34.jpg
R299をそのまま志賀坂方面へ。
ほどなくして会場まで続く山道へと入っていきます。

20170122_35.jpg
駐車場に車を停め、200円を支払い、いざ氷柱スポットへと。
ここはそこそこの人手でしたね。
売店もあったりして賑わっていました。

20170122_36.jpg
おー!これが「尾ノ内氷柱」かぁ。

20170122_37.jpg
渓谷自体を凍らせているんですね。
これは圧巻の一言!

20170122_38.jpg
人も多く、吊り橋はとても揺れるので撮影には苦労しますが、これは是非撮っておかねば!
いやぁ~、今日の氷柱ドライブの最後を締めるに相応しい光景!

20170122_39.jpg


20170122_40.jpg
あしがくぼ、三十槌、ひさつき、尾ノ内・・・どれも甲乙付け難い素晴らしいものでした。
それぞれに特徴があるので、やはり全部周って正解でした(^^♪

20170122_41.jpg
どの氷柱がお好み?w

この後は、往路とほぼ同じルートで青梅ICまで向かい、そのまま帰路へ。
300kmに及んだ秩父・氷柱ドライブでした(^^)/

スポンサーサイト



Date: 2017.01.23 Category: 埼玉県  Comments (8) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:

なべちゃん

Date2017.01.29 (日) 22:07:02

>まっささん

人工氷柱と言っても凍らせたのは自然の力ですからね。
4か所周ったうち、3か所は初訪だったのですが、本当に素晴らしいものを見ることができました(^^)

>こういう氷柱って、北陸では滅多に見られません。

そうなんですか!それは意外でした!

>なぜならこちらは毎日が曇りや雪で、空には雲が多くて放射冷却が起こらないから、
>冷え込みもそれほどじゃないんですよね~。

wikiで放射冷却の仕組みを見て納得しました!
北陸が冬でも極端に地表温度が下がらない理由はこういうことだったんですね。
勉強になりました(^-^;

こっち(関東)に住んでいる私からすれば、積雪が数十cm以上にもなるような雪景色には憧れさえ抱いてしまいます。
もちろん実際に住むとなったら想像を絶する苦労があるのでしょうが、電車等を乗り継いでそういった景色を見に訪れてみたいものです。

暖かい日が続いてしまうと氷柱も小さくなってしまうでしょうね。
訪れる日によって大きさも形も微妙に違ってくるかもしれませんね(^^)

まっさ

Date2017.01.29 (日) 17:41:32

秩父の4大氷名所、堪能いたしました!
それにしてもスゴイですよね。
人の手が加わっている・加わっていないに限らず、素晴らしい芸術でした。


こういう氷柱って、北陸では滅多に見られません。
そもそも氷柱をウリにしているスポットが北陸にはほとんどないんです。
実は北陸って、関東の人にとっては「極寒の地」ってイメージかもしれないけど、絶対的な気温なら関東の内陸よりも圧倒的に暖かいんです。
真冬でも氷点下になることはあまりなくて、寒くても-2度くらいまでしか下がりません。
なぜならこちらは毎日が曇りや雪で、空には雲が多くて放射冷却が起こらないから、冷え込みもそれほどじゃないんですよね~。
何せ雪を感知すると自動で道路に平気で水を撒く土地柄ですから(笑)。


そんなワケで、こういう氷の芸術はとても新鮮。
私もいつか遠征して、こういう冬ならではの情景をカメラに収めたいと思いました。


ところで、たまたま暖かい日があったらこの氷ってやっぱり溶けてしまうんですよね?
立派な氷柱が見られるかどうかは気象と運次第ですね!

なべちゃん

Date2017.01.25 (水) 21:58:41

>アッキー さん

4つの氷柱はそれぞれに特色があり、どれも本当に良かったですよ(^^)
秩父は春夏秋冬それぞれ楽しめるので、今年も多く訪れるつもりです!

私は完全に一眼の世界に浸かっています(^-^;
”写真を撮る”という行為自体がとても楽しいんですよね(^^♪

アッキー

Date2017.01.25 (水) 20:55:30

秩父にこんな荘厳な場所があるんですね!!
初めて知りました^^
写真もとても綺麗で圧倒されました!
やはり今年はカメラもう買うしかないですかね(笑)

なべちゃん

Date2017.01.25 (水) 00:29:05

>きいちゃん さん

こんばんは。

この時期、群馬や長野方面はさすがにノーマルタイヤでは厳しいですが、
秩父はノーマルタイヤで気軽?に冬景色が見られます(^^)

私が訪れた日は、朝方が0度、昼頃は一気に上がって10度ぐらいでした。
でも寒さも忘れてしまうほど秩父の氷柱は素晴らしいものでしたよ(^^♪

きいちゃん

Date2017.01.24 (火) 04:07:32

おはようございます。

見た瞬間凍えました ピキッΣ
秩父おそるべし^^;

オイラ寒いの苦手なので冬はオイラには
秩父は無理かなぁ・・・写真で十分に行った
気になれました^^

それにしても迫力ある写真です。

それでは(*^-^*)ノ

なべちゃん

Date2017.01.24 (火) 00:05:00

>Dachi さん

こんばんは。

あしがくぼ、三十槌、尾ノ内は知っていたのですが、ひさつきについては直前でその存在を知りました。
今思えば、知ることができて本当に良かったと思っています(^^)

三十槌は去年初めて訪れましたが、あしがくぼ、尾ノ内も圧巻の一言でした。

引きの画はD810+タムロン15-30mm。寄った画はD5300+ニコン18-140mmで撮っています。
色のない被写体なだけに、あとは構図でいかに雰囲気を出せるかといったところですね。
とても難しいです・・・

Dachi

Date2017.01.23 (月) 23:44:04

三十槌の氷柱は知っていましたが、秩父には他にもこれほどすごい氷柱があるのですね(驚)!

撮影は新カメラでしょうか?
ものすごく繊細感がある描写に圧倒されました。冷気が画面越しに伝わってくるようです。

管理人のみ通知 :

トラックバック:


検索フォーム
カテゴリ
滝 (1)
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
神奈川の天気
プロフィール

なべちゃん

Author:なべちゃん
愛車(現在はV36スカイライン)で訪れた場所やそこで見た様々な光景を、
一眼レフで撮った写真とともにお送りしていきます。

インスタ:@hiroaqua36

【カメラ】
・NIKON D850

【レンズ】
・NIKON AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR、
・SIGMA 105mm F1.4 DG HSM Art、
・TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD、
・TAMRON SP 90mm F2.8 Di MACRO 1:1 VC USD F004、
・TAMRON SP 70-200mm F/2.8 Di VC USD G2

相互リンクしていただいている方々(^^)
このブログをリンクに追加する
お役立ちリンク
Instagram
アカウント:hiroaqua36 @hiroaqua36
ランキング

にほんブログ村 車ブログ ドライブへ
カウンター
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR